子会社・事業部門の
独立化カーブアウト

戦略的ニーズ

親会社
  • グローバル競争力強化と成長に向けて中核事業への経営リソース集中及びM&Aによる拡大が必須
  • ガバナンスコード及びIFRSによる上場子会社解消の要請
子会社・事業部門
  • グループ傘下に留まっても成長リソース(資金・人材)の配分が無い
  • 今後の成長と生き残りのためには自らの経営判断に基づき成長戦略を実行できる体制への移行が必要

ロングリーチの
ソリューション

  • 資本構成の変更(例:親会社 25%、ロングリーチグループ 75%へ)
  • 独立に必要なスタンドアローン化に向けた分析・立案・実行( IT、営業、R&D、本社部門等 )
  • 成長資金の提供・増資
  • 経営人材の補強とガバナンス体制構築
  • 売上成長とコスト構造改善の実行
  • 上場・IPOの実現

これまでの
主な実績

ジャパンシステム
ビジネスサービス
富士通<br>コンポーネント
製造業・産業テクノロジー
珈琲館
消費財関連
NOC日本<br>アウトソーシング
ビジネスサービス
ウェンディーズ・<br>ファーストキッチン
消費財関連
日立ビアメカニクス
製造業・産業テクノロジー
三洋電機<br>ロジスティクス
ビジネスサービス